移住のハードルをどうする?ーお金と仕事

移住のハードルをどうする?ーお金と仕事


最近、首都圏からの移住の相談が増えています。

お子様が小さく、「原発事故がきっかけで」というご家庭が多いです。

その際にハードルとなるのが、お金と仕事の問題。

お金については、首都圏より賃貸の家賃相場は安いので、まず賃貸で始めるのも手です。
とはいえ、旦那さんの仕事がみつかるまで両方で賃貸になると、出費も相当痛い。

最近出会ったBさん一家の事例をご紹介しましょう。

Bさんの場合は、まず出ものの土地があったことで移住が具体化しました。
とはいえ、お金の問題があります。
そこで、太陽光発電を20kW分載せるソーラーハウスにして、20年間で月6~7万の売電収入が得られるようなしくみに。これにより、Bさんの場合は山梨に家を建てても月2万円前後の出費でやっていけるとわかりました。

あとは、旦那様の仕事です。
田舎暮らしは都会ほどお金がかからないので前ほど稼がなくていいにしても、仕事を見つけるのは都会に比べ簡単ではありません。
私の高校の後輩が、都会からIターンで転職する人の紹介業をやっているのでご紹介し、今仕事を探してもらっているところです。

移住を考えているけど、仕事と資金面がネックになっている人は、お手伝いできることがあるかもしれません。それぞれの事情に合わせながら、毎回一緒に解決策を探しています。

せっかくの夏休み。親子で山梨がどんなところか見に来ませんか?
東京での相談もできますが、山梨をご案内することも可能です。
ご興味ある方は、ご連絡ください。