「水道なし」物件の魅力と落とし穴

「水道なし」物件の魅力と落とし穴

都市の土地と違い、田舎の土地を探していると、面白い「地目」の物件を目にしませんか?

地目が宅地ではなく、原野だったり山林だったり

価格は割安で魅力的。あれ?でもよーく見ると、水道が引き込まれていなかったりします。

ここで、候補から外してしまう方もいらっしゃいますし、「水道を自前で引き込んでも差額を考えるとお得かも?」と考える方がいらっしゃるでしょう。

 

ここで、「水道の引き込みの値段がいくらか?」ということが問題になってきます。

不動産屋さんに「いくらぐらいかかりますか?」と聞いても、「ちょっと、わからないですねえ。大体◎◎万ぐらいじゃないですかねえ。でもそこは、入れてみないとわかりませんねえ」と言われるケースが多いでしょう。

内心「あー、これは大体このぐらいかかっちゃうな…」とわかっていても、本当のことを言わないケースもあるはずです。

 

引き込みは建築業者が行います。たとえば、道路のところまで水道が来ていたとして、道路の手前だと100万円。向こうだと150万円。国道をまたいでいてアスファルトの工事が入ってしまうと大体80万円…などなど。

条件によってずいぶん価格が変わってきます。そして、見る人が見ればいくらかかるかわかります。

 

本当にお得なケースもあれば、そうでないケースもあるでしょう。

買ってしまってからでは間に合いませんので、できれば購入する前、候補にあがった時点で声をかけていただければ、適切なアドバイスを差し上げることができます。

 

土地によっては、井戸のほうがお得なケースもあるでしょう。

これもまた土地の見立てや見積もりにノウハウがありますので、また追々アップしますね。