土地を安物買いすると、損をする?!

土地を安物買いすると、損をする?!

不動産についての問い合わせが増えているので、今回も不動産の話をしてみましょう。

先日の「いい不動産はネットに出ない?」の話に出てきた、不動産屋のKさんは、

「土地は、貯金だからね」と言います。

どういうことなのでしょうか?

坪2万円という安い土地があったとしても、それが2万円なりの土地だったなら、
20年後、「まったく売れない物件」になっている可能性があります。

これが東京のような都会であれば、価格さえ下げれば最終的には確実に売れるでしょう。
でも、田舎暮らしの土地の場合は、「売れない」可能性が常にあるのです。

一方、質の良い物件ならば、仮に相場で買ってもちゃんと売れる。
場合によっては値上がりをすることもある。

土地は、建物と違って経年劣化しない財産。
だからちゃんと「再度売れる」ものを買っておくことが大事ということなのでしょう。

ちなみに、Kさんは決して割安では売りません。
急いで売ろうとしていないので、ネットにも出さないし、値引きもほぼありません。

でもぼったくることもしません。
売った後、その人が住人になった後のことを重視しているので、変な売り方はしないのです。
のちのちの高速道路の建設計画まで教えてくれたりします。

予算がある話ではありますが、どういう人から、どういう土地を買うか。
一生ものの買い物だからこそ、信頼できる人に任せてみませんか?
甲斐田舎暮らしネットワークがお手伝いいたします。