井戸の魅力と注意点

井戸の魅力と注意点


地目が「山林」「原野」のような土地は、水道が近くまで来ていない場合があります。

水道を引くのにコストはかかりますが、その分、土地の値段もリーズナブル。
眺望が良い、魅力的な土地も多いのです。

この場合、水道を引く他に「井戸を掘る」という選択肢もあります。
深井戸を掘って200万円〜300万円ぐらい。(ピンキリですが)
水道は元の管から引く距離でコストが決まるので、土地によっては
トントンのこともあるはずです。

井戸ならではのメリット、注意点を紹介してみましょう。
(※深井戸と浅井戸がありますが、飲料用は基本的に深井戸がオススメです)

【深井戸のメリット】

・水がおいしくて健康的(塩素殺菌などしていないので)
・肌にも優しい
・水道代がずっとタダ
・地下の水を汲み上げるので地上の汚染の影響を受けづらい
・水が夏冷たく、冬は温かく感じられる(年間を通じて15℃ぐらい)
(凍結しづらい。冬場、お湯にするエネルギー量が少なくて済む)

【井戸の注意点】

・コストが読みづらい
(掘る深さによって数十万円違います。
しかも、掘ってみないと正確にはわかりません)
・ポンプの電気代がかかる
・停電時に備えておく必要がある
・ポンプの耐用年数は20年〜30年(先々の修理or交換を考えておく)

 

工事コストについては、なるべく地元の複数の井戸業者に見積りを取りましょう。
どの場所ならどのぐらい掘ればいいか土地の特徴をわかっています。

面倒な側面もある井戸ですが、利用している人は、
「水が美味しい!」「出汁やお茶の味が違う」「お風呂がまろやか!」と絶賛します。

「井戸」という選択肢があること自体が、田舎暮らしならではの贅沢という感じもしますね♪

土地の目利きや、業者さんの紹介など、必要に応じてサポートしますので、
気軽にお問い合わせください。