決まるのが早い人の共通点とは?

決まるのが早い人の共通点とは?

さて前回は、移住の決断はなかなか難しいという話と、
思い切った決断をされたご家族の例を紹介しました。

では、何をやっておくと田舎暮らしを始めやすいのでしょうか。

したい暮らしや、住みたい場所のイメージを具体的に描いている方ほど、
決まるのが早いですね。

イメージがあると、その基準に照らして、土地や物件を見たときに比較検討ができるのです。
それがないと、見学会に来ても、ぼんやり眺めて終わりになってしまいがちです。

では、「具体的」とはどのぐらい具体的なのでしょうか。

たとえば・・・

■具体的な風景
別荘地風なのか、民家が視界に入ってるほうがいいのか。ないほうがいいのか。


■畑
やるのか、やらないのか。ちょっとでいいのか。野菜の自給自足レベルまで行きたいのか。


■家
古民家がいいと言う人は多いですが、寒いです。土と共に暮らす感じです。それでもいいのか。


■食べるもの
小洒落たお店に行きたいのか。自然農法、オーガニック系なのか。


このぐらいのレベルでいいのです。

でも意外に夫婦でも違っている場合は多いですね。
方向性は同じでも、レベルが違うんです。

このへんは事前に話して、意見をある程度統一しておいたほうが良いでしょう。

このような視点で会話するとイメージが細かく共有されますから、
決断がスムーズになりますよ。

とはいえ、100%統一することは難しいと思いますので、

実際にどういう着地をしていったかなど、事例を元にお話できると思います。

遠慮なく、ご相談下さい。