資産性を考えた家作りは?

資産性を考えた家作りは?


田舎暮らしで家を買うor建てる際は、どんな家や土地がよいのでしょうか?

土地に関しては以前も触れましたが、
少々高くても「価値が目減りしない」「万人受けしそうな」
クセのないものを選ぶことをオススメします。

家に関しては、「どちらを優先するか」で、2つのケースがあると思います。

A:快適性資産性
B:快適性資産性

今回はBのケースで、中でもニーズの高い夫婦お2人での移住や、
週末田舎暮らしの方にアドバイスしているポイントを一部ご紹介します。
(Bだからといって、快適性を捨てるわけではありませんよ^^)

「どれだけ住むかわからないなあ」という方もこちらに当てはまるかもしれませんね。
10年ぐらいで転売したくなっても対応できるよう、多少ドライに考えてみて下さい。
大事なところは押さえつつ無駄を省き、コストを抑えた家を作ることをオススメします。

■コンパクトでシンプルな家に。

■転売しやすいよう一般的にニーズの高い間取りに。
(=たとえば、1Fはワンルーム的な吹き抜けのオープンな作り。2Fロフトに寝室。
 こうすることで家の坪数が小さくても広がりが出ます)

■断熱は特別厚くする必要はない。
(山梨は冬の晴天率が日本一。南に大きく開口を採り、日が入る作りにすればかなり暖かくなります)

■外壁に木を使う場合は、痛みにくいよう軒を深く取る。
(日除けにもなるし、デッキなど半屋外空間ができます。そこでお茶も飲めるし快適です)

■薪ストーブ導入はオススメ。
(なんといっても楽しいですし、調達のツテができれば暖房代がタダになります)

 

ざっとこんなところでしょうか。
挙げればまだまだありそうですが、長くなりましたので、今回はこのぐらいで♪