ワイナリーを手軽に巡れる特別な2日間!

ワイナリーを手軽に巡れる特別な2日間!

今年もワインの新酒の時期が始まりました。
山梨県は、一人あたりのワイン生産量が1位、消費量も2位という「ワイン王国」です。
スーパーでさえも一升瓶のワインが売っていますし、県内のそここにワイナリーがあって、さしづめ日本版のボルドー(フランス)、ナパ(アメリカ)といったところでしょうか。

紅葉も見られるし、秋の山梨は見どころ満載。
移住候補の一つとして、下見がてらいらっしゃるのに良い時期かと思います。

が、悩ましいのは、「ワインを飲むと車が運転できない=試飲すらできない」
ということ。
山梨は運転代行サービスが安いので、ふだんは代行を使って気軽に飲む人が多いんです。
が、勝沼や塩山など、ワイナリーが多いエリアまで出向いて・・・となると厳しいところ。

そこでオススメなのが「ワインツーリズム」というイベントです。
今年は11月8日(土)と9日(日)。これは1年の中で特別な2日間です。
専用の循環バスが小刻みに運行し、全50の参加ワイナリーやレストランを自由に巡れるようになっています。
(要申込み:5000円 10月30日(木)〆)

11月8日(土) 勝沼、塩山、牧丘
11月9日(日) 甲府、石和、御坂、八代、一宮、山梨市

一昔前は、「国産ワインはレベルがちょっと…」というイメージがあったかと思いますが、日本のワイン、すごく進化してきていますよ。
この時期、ワイナリーでしか飲めない発泡系のものや濁り系のものもありますし、建物やレストランがレトロで風情があるワイナリーもあります。ちょっとした海外旅行に来たような気分も味わえるかもしれません。

若手の醸造家たちも活躍していて、ワイナリーごとに個性豊かな味わいを生み出してます。

>>詳細はこちら
http://www.yamanashiwine.com/event/

こちらにお越しのついでに、移住ノウハウなど話を軽く聞いてみたい、というのも歓迎です。
その際は、事前に下記までご連絡ください。