あえて…希望価格帯以外の物件を見てみる

あえて…希望価格帯以外の物件を見てみる


田舎ぐらしの住まいを買う、あるいは建てる際には、

「資産性」を意識することをオススメします。

「終の住処にするからいいよ」「とにかく少しでも安いほうがいい」という方もいらっしゃるかもしれません。
でも何が起きるかわからない世の中ですから、
万が一、あるいは、将来的に手放す可能性も念のため考えておきたいところです。

東京のような都会であれば、価格さえ下げれば最終的には確実に売れる、あるいは借り手がつきます。でも、田舎の土地の場合は、「売れない」「借り手がつかない」可能性が常にあるのです。

うわものも大事ですが、特に土地の目利きは大事です。
坪2万円という安い土地があったとしても、それが2万円なりの土地だったなら、
20年後、「まったく売れない物件」になっている可能性があります。

一方、質の良い物件ならば、仮に相場で買ってもちゃんと売れる。
場合によっては値上がりをすることもある。

不動産を探すときは、大体、“価格帯”で絞って検索したり、不動産屋に依頼することが多いと思います。
同じような価格帯のものだけを見ていると、価値に見合った価格なのかが見えなくなることがあります。


だから面倒でも、希望の価格帯以外の土地も必ず見てみましょう。

200万円ぐらいの違いで、土地の格が全然違うこと、多いです。
その分をリフォーム代や建築費の工夫で補えるかもしれません。
(私は元来は建築家ですから、建物にお金をかけて頂けるほうがありがたいはずなんですが・・・苦笑)

不動産の今後の動きは読み切れませんが、「景色が良い」など立地の魅力は変えることができません。
幅広く見た上で、「この価格は妥当か」「将来スムーズに転売できるか?」
検討することをオススメします。