建築家のつぶやき〜新築神話より古いものを生かす

建築家のつぶやき〜新築神話より古いものを生かそう


こういった活動をしているので

「不動産仲介業者さん?」

とカンチガイされることがありますが・・・

私の本業は

「建築家」

だったりします。

建築家にとっては、正直、新築物件をゼロから建てるほうが儲かります。

でも・・・

日本全体が成長期を終え、
高齢化が進み、
山梨にいたっては、空き家率が全国でNo1。

そんな時代です。

お金になるとかならないとかは別にして、

「古いものを生かす」

という考え方が必要不可欠だと思います。

古い建物を正しく見立て、
工務店や大工に依頼し適正な価格でリフォームをし、
快適に暮らせるようにする。

そういうケースが増えたら素晴らしい。

(いや、でも、かなり手間がかかるわけです。なのに、あまり儲からないんです・・・苦笑)

中古物件ってBLack Boxみたいなもので、
正直いくらでもごまかしが聞くし、なんとでも言える部分があるから怖い。

でも、だからこそ建築家が介在する価値がある。

建て主側の立場にたって交渉できる建築のプロがいることで、
この先何十年の安心を買うことができると思います。

私でなくても構いません。
ぜひ中古を検討される際は、間に信頼できる建築家を入れることを検討してみて下さい。