まとめ記事〜物件選びで注意すべきこと10ヶ条!

まとめ記事〜物件選びで注意すべきこと10ヶ条!


いよいよGWが始まりましたね。

行楽に、あるいは移住のイメージを膨らませるために、
山梨に来る方もいらっしゃることでしょう。

今まで物件を探す際の注意点についていろいろ書いてきましたが、ぱっと見てわかるよう、過去に書いてきたもののポイントをダイジェストでまとめてみました。

1:森の中より森の外=森の中は湿気がすごいです

2:標高だけでなく、日照と風の長れを読むこと
  =八ヶ岳おろしの通り道は寒い!

3:土地も家屋も予算より上下の価格帯のものも必ず見る
  =いちばん売れ筋の価格帯は割高になってることが多い

4:「個性的だけどその分安い」物件はよ〜く考えて
  =将来の転売のしやすさ、資産性も大事です

5:中古物件は、夏仕様の別荘でないか断熱材の厚さを確認
  =冬の寒さに堪えられません

6:中古物件は、リフォームにどのぐらいかかるか想定した上で予算計画
  =不動産屋さんだけでなく、信頼できる第三者にも相談してください。
  (当ネットワークも無料でご協力しています)

7:中古物件は耐震性もチェック

8:八ヶ岳界隈は中古物件は割高であるという前提(需要が供給より多いので)
  =新築のほうが資産性が高いことも

9:景観は、隣接する敷地の樹木が成長する可能性を想定して見る

10:万が一の大雪のときに対処できるか、接道や対応をイメージ

以上です。まだまだあるんですが、とりあえず重要な10ヶ条です。

大きな買い物です。性急に判断せず、よく検討してくださいね。
第三者の意見を聞きたいというときは、遠慮なくご相談ください。