八ヶ岳に賃貸物件が少ないワケ

八ヶ岳に賃貸物件が少ないワケ

先日、とある不動産屋さんとお話をしていて、
「なぜ、八ヶ岳には賃貸物件が少ないのか?」
という話になりました。

「僕らの責任もちょっとあるんですよね・・・」と話してくれたのが、
「売却したほうが、手数料が儲かるから」というホンネのお話。

もともと売却物件自体も決して多くはない八ヶ岳ですが、
所有者さんが、「賃貸に出そうかなあ、それとも売っちゃおうかなあ」
と相談に来られた場合も、つい「売りましょう」と言っちゃうと。

ご存知の方も多いと思いますが、
不動産の売買手数料は、だいたい物件価格の3%+6万円です。
それを、売り主、買い主それぞれからもらえます。
たとえば800万円の物件なら、30万円ずつで、合計60万円弱。

一方で、賃貸だと家賃の1ヶ月分。
物件によりますが、7〜8万円程度を両方からもらっても16万円ぐらい。

かかる手間があまり変わらないなら、
確かに売却を勧めたくなりますよね。
(もちろん、賃貸だと大家さんに管理の負荷が発生するという理由もあると思いますが)

東京の不動産屋さんに比べると、山梨には
地元密着でやっている不動産屋さんが多いです。
だから、なるべく不動産屋さんと丁寧に密にコミュニケーションをして、
「移住を叶えて欲しいな」
と思ってもらったほうがいいです。

そうすれば、上記のようなシーンでも顔が思い浮かんで、
「賃貸で借りたい人がいますよ!」となるかもしれないですよね。