土地選びと雪

土地選びと雪

大雪の爪痕が残る山梨ですが、空気もゆるみはじめ、
春の気配を感じられるようになってきました。

今回の雪害で改めて感じたのは、接道や利便性を意識した土地選びが大切ということ。

森の中の奥まった土地などは、公道まで数キロということもあり、孤立状態が長引きました。

もちろん、山梨は豪雪地帯どころか雪国ですらなく(そういうイメージもあるようですが)こんなのは、100年であるかないかの“災害”です。

たまに雪が降っても、八ヶ岳南麓は南斜面ですぐ溶けますし、「そこまで考えなくても・・・」という考え方もあるでしょう。

 

ただ、僕個人としては、

接道の条件もよく、公道から離れていない土地

ある程度利便性がよく暮らしやすい土地

周囲に人がいて助け合える土地

をオススメしたいところです。
馴れない田舎暮らしを楽しむには、そのぐらいの案配でスタートするのが良いと思うのです。

それでいて、眺望や田舎暮らしの気持ち良さが味わえるところ・・・となると、
大体エリアが限られて来ちゃうんですよね。

 

不動産を探されるときに、土地勘がないと「とりあえず気になった土地&紹介された土地を巡る」という形になりやすいと思います。

すると、そのときそのエリアに売地がなければ、そこと縁がないまま終わってしまいます。
これってちょっともったいないですよね。

 

なので、“土地”ありきでのご案内ではなく、“いろんなエリアを一緒に巡ってみる”という方法もオススメしています。これだと、気に入ったエリアをマークしておいて、出物があったときに動く、あるいは、ネットには出てないけど実は隠れた売り地がないか、地元の不動産屋さんに掛け合うことができます。

 

少し遠回りに思えるかもしれませんが、実はこちらのほうが、
ビビっと来る場所と出会う近道かもしれません。