老後資金の上手な使い方

老後資金の上手な使い方


先日「田舎に移住してセカンドライフを送る」方々のエピソードを書きました。

「優雅だなあ。うちにはそんな資金的な余裕はない」と言う方も多いでしょう。
かくいう私も、一昔前はそう思っていました。
セカンドライフを考えるにあたって、お金の話は一番の重要事項。
夢や憧れだけで動くなんて、危険なことです。

ただ、移住サポートをするようになって驚いたのは、

田舎に移住してセカンドライフを送るのは贅沢でもなんでもなく、むしろ節約になるのでは?! ということです。

というのも。
実際に首都圏で年金生活をしていた方が、日々のやりくりでときどき赤字が出ていたのを黒字にしようと八ヶ岳に移住されました。
首都圏の家を貸すと意外と高い家賃で貸せ、八ヶ岳での生活費が何かと安かったそうなんです。
その結果、豊かに暮らしながらも見事黒字に転換されました。

こういう方が結構いらっしゃるということに驚きました。

消費税も上がるし、今の円安が続けば物価も上がるでしょう。
限られた退職金や年金でどう豊かに暮らすかという観点でも、田舎への移住は検討の価値ありです。

老後というのは時間はあるけどほとんどの人はインカムが増えない。
都会の暮らしは何かとお金を使わないとサービスが受けられないしくみになっています。

一方田舎では、潤沢に持っている時間をいかし、家庭菜園や薪割りや手作りの暮らしをすれば、楽しみながら生活の固定費を減らしていくことができます。

実際に移住した方のお話を聞く機会なども設けられます。
お金の話もざっくばらんに相談できると思いますので、お気軽にお問合せください。