セカンドライフは特に注意!不動産の落とし穴

セカンドライフは特に注意!不動産の落とし穴


充実したセカンドライフを送ろうと田舎にやってきたのに、

出鼻をくじかれてしまうケースがあります。

それは大体、不動産=資金まわりで起きているように思います。
安いと思って買った中古物件が大幅な補修が必要だったり、
新築が想定以上にお金がかかったり…。

原因は、「地方なら建物も安いはずだ」というイメージ
強いせいではないかと思います。

土地は確かにかなり安いです。
が、実は建物は東京などの都市と大きくは変わらないのです。

使う材料の価格はほぼ全国同じですし、人件費はやや安いですが、それも工夫が必要。
(地元の大工さん、工務店を使い、納期を延ばしてあげたり、
建てる側が借り入れをしなくてよいような支払い規定にするなど…)

「もっと安く(大きくて立派な)家に住めると思っていました」

なんてことにならないよう、住んでいる家を売りに出す前に早めに資金計画をつめておくことが肝要です。実際に売れてしまってから資金面のことで見当が外れてしまい、こちらで仮住まいを借りている方もいました。

建物を安く建てたりリフォームするにはいろんな工夫があります。もっと早い段階でご相談いただければ、その分時間をとってちゃんとした資金計画ができたのに…ということも多いです(涙)。

 遠慮なくお問い合わせください。