八ヶ岳の土地=高低差を生かす

八ヶ岳で不動産を探すときには、
都会とは違った

見立てのポイント

がいろいろあります。

土地を売る不動産屋は、
建築のプロではないため、

 

✔︎その後建てる家のコスト
✔︎住み心地

まで配慮してくれるとは限りません。

  
その一つが、敷地の高低差です。

  
分譲地や山の下の方は平坦な場所もありますが、
人気の標高1000mあたりは、
高低差がないところはほとんどないです。
(だって山ですからw)

ほとんど差がないように見えるところでも、
敷地内で50cm〜100cmは違います。

 

その分基礎を高くする必要があり、
そうすると建築コストが高くなります
  

たまにハウスメーカーの物件などで、
基礎を高くしない方法として
高い側の土地を削った物件を見ますが、
「ああ、やってしまったな…」と
悲しくなります。

 

これをやってしまうと、
雨が降ると削ったところに
水が溜まってしまうんです。

 

土地に合わせていろんなやり方がありますが、
例えば過去に手がけた例ですと

  
あえて高低差が大きい土地を選んで
土地のコストを抑え、
その分基礎代にあてました。

▲これは事務所として手がけた別の物件ですが、傾斜地を生かすとこういう風景が楽しめます!

  
傾斜地の個性を生かし、
玄関を入ると、1Fなのに
空が広々と見えるリビングや居室。
 

その下のコンクリートの半地下的なスペースは
食糧庫、ワインセラー、書斎、
防音の音楽室など…

 

斜面地は、高低差を生かした設計にすれば、
できることが広がるのです。

 

 
八ヶ岳は癖がある土地がほとんどですので、
オーダーメイドで建てる
メリットが出やすい
とも言えます。

 

いい土地が見つからない…という方は、
探すときの視点を広げると
変わるかもしれません。
そんなご相談にも乗っています。

 

*建築のプロが見立てる八ヶ岳の不動産
*中古か土地か、方向性が定まらない方も
*良し悪しの最終判断ができない方も
*建築と移住のプロが相談に乗ります
*不動産のセカンドオピニオン提供
*傾斜、寒さ、湿度、防災、風の読み方
*ゼロエネルギーハウス
*ZEH
*ZEB
*土地の個性を生かした家づくり